Sustainable Development Goals

持続可能な開発目標(SDGs, Sustainable Development Goals)とは、2015年9月の国連サミットで採択された17の国際目標(ゴール)です。2030年までに、発展途上国と先進国双方が持続可能でよりよい世界を目指すための普遍的な目標で、「地球上の誰一人取り残さない」を理念として掲げ、貧困、不平等、気候変動、環境問題、平和と繁栄、正義などに関する17の目標と、169のターゲットから構成されています。
慶應義塾大学も、医学部と大学病院を有する教育・研究機関として、世界と地域社会に貢献する研究大学として、SDGsに関連するさまざまな取り組みを行っています。

       

ギャラリー